読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

真夜中の運び屋 2015.8.31

俺は真夜中の運び屋だ。

たまに要注意人物を運ぶ。

急に機嫌が悪くなるのはありがちで
場合によっては、意味不明な発言、
大声で歌いさわぎ、
逆に静かだと思えばいびきのみで
こちらを無視し続けるので
警察の力を借りる事もある。

YOPPARAI と言われる
そんなやつらを時に相手する俺たちを
人は タクシードライバー と呼ぶ。

……それは仮眠休憩が終わりの時だった (´Д⊂ヽ

なぜか…違和感を感じる右側。

そこにあるのは運転席側の閉じられたウィンドウ。

外は今宵ブルームーンが照らす都会の暗闇。

その窓越しに見える暗闇に
うっすらと浮かぶように見える白いモノ。

「なんだ?これは…」と目を凝らす。( 一一)?

1… 2… 3… 4…5。 ……んっ? 指か!これ!

そう、そこに見えたモノは
指を大きく広げ押し付けられた
大きな手の指紋だった。
窓に白くベタッと張り付いていた。

「えっ?なんで…?」(´゚д゚`)?

思い返す… たしか出庫時にはなかったはず…
休憩前にも…

ならば付いたのは休憩中…

思い返す(。-`ω-)… 

…そういえば仮眠中ウツラウツラしていた時
かすかに感じたような車内の揺れ…

目を開けずにいて、
てっきり地震か気のせいかと思っていたのだが…

もしあれが気のせいでなければ…
誰かがタクシーに乗ろうとしたものの俺が寝ていたので
起こすために窓を押し車を揺らしていたというのか…(・_・;)

…………(。-`ω-) ムムム…

覚えておいてくれ 見知らぬ誰かよ (; ・`д・´)
タクシーを見つけたからといって

スーパーサインが回送だったり、
車の上についている あんどん が消えていたら
それは営業外だからそっとしていて欲しいという事を…

自動代替テキストはありません。

ドキッとする言葉 2015.9.15

吾輩はタクシードライバーである。
秋ナス食べさせてあげな~ぃと意地悪できる嫁はまだいない。

乗車時にお客さんに言われてドキッとする言葉がある。
「急ぎで!」
この言葉がつくとドタバタ率が一気に跳ねあがる。

さてこの言葉、数日に一度あるぐらいなのだが、
昨夜はなぜか一運行中になぜなのか、三度聞くことに…。 

●それは二度目の「急ぎで!」だった。
乗車が新宿からの女性。
「池袋東口へ。急いでもらえますか?」

「かしこまりました」、
時折車線変更しながら少しでも早く早くと池袋東口へむかう。

駅の東口の真ん前の信号が見えきたので、
停車するため減速しながらお客さんに声を掛ける。

東口に着きました。このあたりでよろしいですか?」

思いがけない怒気が少し含まれた声が返ってくる。

「誰が駅前だって言いましたっけ?」( ゚Д゚)

「えっ…たしか、お客様は池袋東口だと
おっしゃっていたと思うのですが…」
(´゚д゚`) …ココハ マサニ イケブクロ ヒガシグチノ メノマエ…

東口って言ったら池袋の
東側全部が東口になるでしょう!」(゚Д゚)ノ

( 一一) …ソウ イワレレバ、ソウデハ アルノデスガ…オキャクサマ…

多少のすったもんだの結果、
始めのたった一言の「池袋東口」では
名探偵ホームズさえも推理に困りそうな場所までお送りする。

お客様、正直説明をはしょりすぎです…(。-`ω-)

●三度目の急ぎのお客様はきれいなドレスを着た女性だった。

青葉台から、ザ・ペニンシュラ東京へ。
「急ぎで!」の言葉付き。

時間帯は終電間際のタクシーラッシュ時。

「どのくらいで着きますか?」

混む時間帯、特に聞きたくない言葉。

「今頃は混みやすい時間なので、なんとも言えませんが
出来るだけ急いで20分ぐらいでつけるように頑張ってみます」

「わかりました。少しでも早くつけるならどんなルートでも
大丈夫です。お願いします」 
アクセルを強く踏みしめる車を走らせる。

時間帯的に一番混む可能性が場所を避ける。
距離は少しかかるが時間を重視するなら急がば回れだ。

その間、どうしようもなく何度と立ちふさがる赤信号。

信号待ち、後ろから伝わってくるイライラオーラ。
(; ・`д・´) 「やけに信号につかまりますよね?」

と言われども、赤信号だけはどうしようもない。

とにかく青になるたびに強くアクセルをふかし、
時間短縮に意識をむける。

そんな中、途中コンビニによって下さいとの指示があり、
車を止める。

急いで買い物を済ませるかと思いきや、
のんびりと歩いているお客様。

再度車を走らせる、またもや何度となくつかまる赤信号。

そのたびにあのイライラオーラと、コンビニで買ってきたのであろうガムを噛む音、クチャクチャが聞こえてくる。
(´Д⊂ヽ コワイヨ、コワイヨ~

外側のタクシー達と、内側のお客様と
精神的な戦いを繰り広げながら
ようやくホテルに着き、さっそうとホテルに入っていくお客様。

お客様、赤信号はどうしようもなく、
イライラをガムと一緒にクチャクチャむけてくるのを
止めていただけると助かります m(__)m

自動代替テキストはありません。

この妄想が事実なのか 2015.9.16

吾輩はタクシードライバーである。
秋の予感を感じる今日この頃だが、
恋の予感を感じる事はまだない (´・ω・)

あれは連日のシトシト雨が降り続く前だったろうか…。

場所は中野駅近く。男性が「三宿まで」と乗り込んで来た。

かしこまりました!の返答後に、付け加えらえた男性の言葉。

「かみのいけ駅を経由して!」

復唱しようするが言葉が思わず詰まる… 

(-_-;) か・み・の・い・け??? (´゚д゚`) どこだぁーそこぉ?

茨木?いやそこは神之池と書いて、「ごうのいけ」だし…
上野毛(かみのげ)か、いやそれでは経由地にしては遠回りだ…

言葉に詰まり沈黙してしまった吾輩に、
不快を感じたのか切れ気味に声を掛けてくるお客さま。

「かみのいけ駅だよ、京王線であるだろうがぁ?!( `ー´)ノ」

そんなのありましたっけ?と
言いづらいオーラが後ろから酒のにおいと一緒に漂ってくる…。

仕方ないので信号待ちで停車したら、大至急調べる事を決め、
「かみのいけ駅経由の三宿までですね」と声を掛ける。

それが功を奏したのか「そうだよぉ」と落ち着いた様子。

さて早く信号待ちになれとドギマギしてると、
こんどは後ろでなにやらガサゴザしている様子。

はて何だろうと思っていると、
「いけのうえ(池ノ上)駅だったぁ、京王井の頭線の!」
どうやら携帯か何かで駅名を確認していたよう。

「あぁ、池ノ上駅でしたか!」 (´Д⊂ヽ ナマエガ ゼンゼンチガウヤンケ~

「おっ?池ノ上駅知ってる?! お兄さん世田谷詳しいの?」

「特に詳しい訳ではありませんが、
その駅へ何度か行った事がありますので」

おもむろに次の言葉を切り出すお客様。

「運転手さん、別に脅すわけじゃないのだけどさ
俺ってさ、結構運転手に怒る事があってさぁ、
いやねぇ、よくここ中野から三宿まで
タクシー使って帰るんだけど
池ノ上駅を経由してって言っても
わかんない運転手さんが結構いてね~
あれ、なんだっけ?
この中野通りまっすぐ行くとあるあの大きな交差点、
甲州街道だっけ青梅街道だっけ大きな道路と交差してるとこ」

「井の頭通りと交差してる、大山の交差点ですね」

「そうそう、そこを入って少し先を左に入って」

「茶沢通りのことですね」

「その辺りでさ、運転手によっちゃ山手通りに勝手に行こうと
してるのもいるんでさ、たまに怒っちゃうんだよね~」

・・・・・

その後、無事に池ノ上駅を経由して
三宿辺りのご自宅前までお送りでき、
ご機嫌で去っていくお客様。

去っていくお客様の背中が見えなくなって吾輩はふと思う。

なぜ、そうなぜ?(。-`ω-)
ご自宅に帰るために何度も通ってだろう道の説明があんなに雑なのだ?

勝手な想像をしてしまう…このお客様、
何度となくありもしない駅名で運転手を
混乱させているのではないだろうか?
そして混乱してしまった運転手に
怒鳴りつけているのではないだろうか?…と。

この妄想が事実なのかどうか知る由もなく、
次のネタ…いや イヤ IYA…!
お客様を求めてハンドルを回す吾輩であった。( 一一) オシマイ

※写真は、今では引退され幻になった ジャズタクシーさんです。

自動代替テキストはありません。

【 三軒茶屋 → 柏市編 】 <前編> 2015.9.17

吾輩はタクシードライバーである。
食欲の秋だというのにある検査で反応性低血糖症だとわかり、
炭水化物や糖類があまり食べられない。 (´Д⊂ヽ アイス タベタイヨ~

タクシードライバーにとって金曜日の夜は一番の稼ぎ時である。

そう、あれも8月の金曜の夜だった。

三軒茶屋できれいなお姉さんが手を上げた。

近付こうとすると、ス~ッと前方に歩き出す。
何だ?と思っていると…、その先には二つの影。

一つは不機嫌な顔をした店員らしき男性。
もう一つは出来上がっている若そうな男性。

お姉さん乗らないんだ…と (´゚д゚`)、
少しテンション低めに「どうぞ!」とドアを開ける。 

「ほら、しっかりしろ!タクシー来たぞ!ほらっ!
…運転手さん、すいません。こいつちゃんとお金持ってるはずですから、お手数ですが送ってやってもらえますか?」

かしこまりましたと返答したものの、一抹の不安を感じつつ
ドアを閉め若い男性にどちらまでいきますか?と声を掛ける。

「千葉県柏市東中新宿ぅ~、お金ならあるからぁ、
確認してみてぇ~」と、財布をこちらに投げ渡す。

中身を確認してみると…千円札一枚のみ… (◎_◎;) オィ、コラ?!

「お客様、すいませんが1000円だけしか入ってないようですが?」と報告する。

「じゃ、1000円で行って~♪」
「すいません、それはちょっと…」
「んじゃ、1000円で行けるとこまでぇ!」
「この時間帯、そんなに遠くまでいけないですよ?」
「そ~かぁ、わかった!家に着いたらお金あるからそれで行って?」
「かしこまりました。お客様もし寝るのでしたら
ナビに住所打ち込みますが?」
「えとね…、柏市東中新宿~…」(=_=) zzz
「あっ、お客様起きて下さい!番地は何番ですか?」
 (ノД`)・゜・。 「んっ?なに?もう着いたの?」
「いやまだです。お客様の住所の番地は何番ですか?」
「何番だっけ~?えとねぇ、柏市東中新宿ぅ…」 (=_=) zzz

少しでも稼ごうと一分一秒を惜しんで頑張っているタクシーにどんどん追い抜いていく中、車内では観客のいないミニコントが繰り返される…。

なんとか番地まで聞き出し、ようやくアクセルを踏み込む。

ヤレヤレ…と思っていると、
車内に急にカーッ、ペッっと唾を吐き出す男性。

「おっ、お客様!車内に唾を吐いちゃダメですよ~!」と
声を掛ける。聞こえたのか聞こえなかったのか無言のまま、
再度眠りの世界へ飛び立つ男性。 (-_-;) モ~、ヤダ コノヒト…

その時は知る由もなかった…  
これが序章にすぎなかった事に… 次回に続く

※写真は京都で外国人観光客に
人気らしいサムライドライバーである。

画像に含まれている可能性があるもの:1人

【 三軒茶屋 → 柏市編 】 <後編> 2015.9.20

タクシードライバー TAKU氏の事件簿
三軒茶屋柏市編 】 <後編>

前回の簡単な振り返り

タクシーにとって稼ぎ時である金曜の夜。
三軒茶屋で乗ってきたのは、ベロベロの若い男性。
目的地は千葉県柏市
所持金はしわくちゃの千円札一枚。
酔っていて会話もままならない。
ナビ入力の為、住所を聞き出そうとしている最中に
何度も眠りの世界へ飛んでしまう有様。
そんな中なんとか住所を確認、
足りない支払い分は自宅に着いたら
持ってくる事を約束。
そしてようやくアクセルを踏み込む。
事のやり取りがこれから始まる
序章だったとゆう事を知る由もなく…

目的地は反対方向だった。
適度な場所でUターンをかまし千葉へ向かう。

お客様の了承を得ていた高速道路を使用し、
東京の深夜の夜をスピードを上げて駆け抜ける。

長い長いドライブの末、
目的地のマンション前に到着。

稼ぎ時の金曜の夜。少しでも早く支払いを済ませ
都内に戻るためにお客様に声を掛ける。

「着きましたよ!」 (-_-)zzz
「起きて下さい!」 (-_-)zzzz…
「今、柏市東中新宿ですよ!」 (-_-)zzzzz…

ことごとく寝息で返される、
ラチがあかないままに無常に過ぎていく時間。

携帯を取り出し110番。GPS反応音が鳴った後に聞こえる声。
「…事件ですか?事故ですか?…」
「…酔っ払いです。起こすのを手伝っていただけますか?」 

…お巡りさんの到着を今か今かとひたすら待つ。
ハザードがチッカ、チッカ…。
男性はスゥ~スゥ~…。
暗闇の中、白けゆく吾輩の心。

今の状況をあざ笑うかのように
目の前を通り過ぎるネズミらしき黒い影…。
貴重な週一番の稼ぎ時タイムがいたずらに過ぎていく…。

二人のお巡りさんが到着。
男性の体を揺すり、声を掛ける。

低く、不機嫌な声が響く… 「んっ?だよぉ~お前は?」
「警察ですよ。起きて下さい。家についてますよ!」
「んな事、知らねぇよ。もうちょい…、もぅちょいだからぁ」
体をひねり縮め、眠りなおそうとする男性。

「とりあえず起きて!お兄さん!運転手さん困ってるから」
「知らねぇって言ってんだろ!うぁ~、なんかムカついてきた、
お前誰だ?俺様に話しかけるなぁ、お前はダメだぁ!」

選手交代。若い方のお巡りさんが声を掛ける。
「お兄さん。タクシーから降りられますか?」
「ん~…、まだあんたの方がいい。それじゃお休み…」
(´゚д゚`) イヤマテ、ナゼネル オキャクサン…

時間が過ぎるドンドン過ぎる、
ドンドンたまる苛立ち。

ようやくタクシーから降りる気になったお客さん。
財布を開く。
「あれ~?無い…?…おいっ運転手ぅ、取ったのかぁ?」
「そんなこと運転手さんがする訳ないでしょ、
カードとかないのお兄さん?!」
「カード?カードは~無い。そんな~ものは無い~!」
(´゚д゚`) ナゼ イバル オキャクサン…

「それなら自宅になら現金かカードはあるのかい?」
「は~?誰に言ってんだ!バカにしてんのあんた?
あるに決まってんだろぉ~!」
「じゃあ、玄関までついていくから取りに行こうか」
「おぅ~!じゃあついてこいよ!」

トボトボとふらつく男性の足取りに、
同行するお巡りさん。

一人取り残されポツン…としてる中、
無常に鳴り響くハザード音。
やり場のない怒りと悲しみが車内に充満していく丑三つ時。

戻ってきた男性は、なぜか怒り興奮していた。
「おぃ!運転手!車出せ!この先にコンビニがある!
そこまで出せ!」
急な展開に戸惑いながらも返事する。
「また新たに料金が発生しますがよろしいですか?」
「何?なめてんのお前!なにが料金が!だ。
なんで余計な金を払わないといけないだ!」
(´゚д゚`) オイ、オイ、オイ…

「お兄さん、タクシーなんだから乗ったら
その分料金かかるでしょ?」お巡りさんが仲介に入る

「そうなんでまた乗られるなら料金追加をお願いします」
「なにがそうなんでだ!大体その顔が信用ならねぇ
メガネなんてかけやがって!」
(゚Д゚;) ナニイッテヤガルノカ ワカラネエゾ コラ?

「どいつもこいつもふざけやがって!タクシーなんかに
乗らねえからコンビニまでついてこい!」
(。-`ω-) アナタガ イチバン フザケテマスヨネ?

警察二人に同行され怒鳴りながら
コンビニ入っていく様子を見ていた
缶コーヒーで一息中の
見知らぬ個人タクシーに声を掛けられる。
「なんかすごい怒ってたけど酔っ払い?大変だったね」
(´Д⊂ヽ ハイッ タイヘンダッタンデス、モノスゴク…

一万円札を二枚握りつぶしながら男性が戻ってくる
「いくらだ!」
「高速代込みで16900円になります」
「なんだとなにが16900円だ、ぼったくりやがって
まっすぐここまで帰ってきてなんでそんなにするんだ?
どうせ遠回りしたんだろうが?」
「会社に文句言ってやる!名刺出せ!名刺を!」
「すいません、今持ち合わせがなくて…」

「はぁ~、名刺がないだと会社員なら名刺が当然あるだろ!
文句いってやるから会社の番号を教えろ!」
「会社の番号なら領収書に書かれていますのでそちらで
確認をお願いします」
「い~や、なにが領収書だ、信用ならねぇ!そのメガネも
信用ならねぇ、早く名刺を出せってんだ、名刺だ!」
( 一一) イヤ ダカラ メガネ カンケイナクネ…?

状況を見かねたお巡りさんが男性に声を掛ける。

「タクシーは名刺持ってない人もいるよお兄さん。会社の番号を知りたいなら運転手さんも言ってるように領収書に書かれているのだから、そこにかけたらいいよ。それとぼったくりぼったくりといってるけど、いつもならどの位の料金で帰ってきてるの?」

「いつもの料金?。いつもなら1万7、8千で帰ってこれるのに
こいつの料金、ぼったくりだろが?」

(。´・ω・)? 思わず固まるお巡りさんと吾輩…

急に冷静な思考に戻ったらしく、
言葉の勢いが急激に弱っていく男性。
「16900円…?あれ?安い…?」
これまでの鬼の形相が、愛想笑いにみるみる変わっていく。

「あっ、はい…運転手さん。支払いお願いします…」
「おっ?お兄さん、酔いが冷めてきたようですね」
お巡りさんに声を掛けられ恐縮していく男性。

かくして長くに渡った理不尽な時間は終末を迎えた。
失われた多大なる時間、多大なる暴言、多大なる心労を残し
柏市東中新宿を去っていく吾輩であった…。

(´Д⊂ヽ アァ~ セッカクノ カセギドキ ダッタノニ~…

自動代替テキストはありません。

男性も一緒に歌いだす♪ 2015.9.22

タクシードライバー TAKU氏の事件簿
【渋谷 → 池尻大橋編】

吾輩はタクシードライバーである。
休みはシルバーウィークだからといって増えるわけでは無い…(。-`ω-)

場所は渋谷の東急本店通り。
結婚式があったのだろうか、ドレスアップした男女二人組、
フラフラしている女性を支えながら、男性が片手を上げた。

モデルさん?と、ドキッとするほどの
美貌の女性が最初に乗り込んでくる。
そうとう出来上がってるようで、大声かつテンションMAX!

女性はご機嫌でまだ飲みに行こうと誘っているのに対して
明日は仕事だからもう帰ろうと説得している男性。

女性は男性に声を掛ける
「え~?いいじゃんハゲ?もう一軒だけだからハゲ~!」 

女性は上おもむろに上機嫌で歌いだす♪
「僕はハゲになれない~ 君はハゲになれな~い
 だから僕はハゲを~ そして君はハゲを~

男性も一緒に歌いだす♪ 
 これをハゲと叫ぼう~ ハゲの限り叫ぼ~う
 ハゲだそう二人~ ハゲに抱かれ二人~」

どうやら松山千春の「僕は君になれない」の替え歌のようだ。

歌い終わり、大爆笑の二人の笑い声が車内に響き渡る♪

あまりに楽しそうな二人に、思わずつられて笑顔になる吾輩。

女性は降り際に言い残していった。
「うん。お兄さんはハゲないね♪」

その二人の歌をはげみに、
その後の仕事に、はげんだのは言うまでもない。

※写真はクジラをタクシーにしているアザラシだそうです。

自動代替テキストはありません。