読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

じゃぱにーず たくしーどらいばー 2014.11.30

深夜のラジオから流れてきた藤子不二雄のパーマンの曲、懐かしさのあまり防犯録画中なのも気にせず車内大カラオケ場に早変わりしたそんな子供返りの夜勤明け 時は2014年年末 場所は渋谷、朝5時すぎ… 明治通り、新宿方面へ向け走っていた OH~来た来た~とい…

週末渋谷の午前5時 2014.12.3

メイちゃ~ん!!!と稲をなびかせながらネコバスが走り抜けるようにお客さ~ん!!!と枯葉をまき散らせながらナベタクが走り抜けた夜勤明け 徹夜明けでにぎわう週末渋谷の午前5時 男は反対車線でさっそうと手を挙げた 停車し左側のドアを開けて待っている…

淡々と 2014.12.4

こたつに入りミカンをほおばりたくなるような寒さの夜勤明け 前のお客さんを降ろしてから、30メートルばかり先にそのお客さんは立っていた 「青戸八丁目まで」 朝4時過ぎの乗車 車がまばらな道路をスムーズにスピードをあげ走らせる 「うん?うん、うん……

小望月 (こもちづき)の月明かり 2014.12.6

小望月 (こもちづき)の月明かりのもと、走り抜けた夜勤明け 上下する影 近づき気付く 細長の枝 ( 一一) 白い影 近付き見れば 白きゴミ袋 (-_-;) 人がいる! 近くで愕然 おまわりさん (´-ω-`) 吾輩は寝ぼけまなこの タクシードライバーである (。-`ω-)

ない 2014.12.13

ネタがない ネタがないない ないのネタ 吾輩は持ちネタきれたタクシードライバーである(ㆀ˘・з・˘)

赤鼻の酔っ払い 2013.12.25

赤い鼻 サンタ トナカイ 俺 酔っ払い 聖なる夜、サンタは夢を積み込んで赤鼻トナカイと忙しくシャンシャンシャンと笑顔で空を駆け走り 赤鼻の酔っぱらいを車に積み込んで渋い顔して忙しくブブブブ~ンと道路を駆け走る俺

( ̄д ̄) イヤ イッテマセンガ! 2015.11.25

■■■ タクシードライバーTAKU氏の ミニミニ事件簿 ■■■ 人影だ!急いで寄らばブッチュ~ちゅう~こりゃまた失礼、ほなさようなら! 段差ぶつかり ぶっころぶ自転車のお兄さん 警察に逆切れか?にらむ 叫ぶ 怒鳴りちらす怒り心頭 自転車のおじさん パンクかい?…

これは字なのか… 2016.3.23

■■■ タクシードライバー TAKU氏の 事件簿 ■■■ ほぼ平和だったここしばらく それも冬眠から覚めるように春の到来でネタもポツポツと動き始めるのだろうか… それは中野から品川へナビ入力した場所に止まる 「到着しましたお客さま!」「うん…」すぐさまストン…

溶けかかったソフトクリーム 2016.4.14

■■■ タクシドライバー TAKU氏の 珍事件簿 <溶けかかったソフトクリーム編> ■■■ 「730円になります」近くてすいません…と去り際にその女性はそう口にした その一言を聞きながら謝られる事でもないのにな…とふと思う吾輩 さてと、気を取り直し車を走らせ…

走れタクドラくん 2016.4.16

走れタクドラくん 毎日 毎日 僕らは 鉄板の 中で揺られて いやになっちゃうよ ある夜 僕は 泥酔のおじさんに 寝込まれて警察署に 駆け込んだのさ はじめて 目覚めて ごねり出すとっても お目々が 眠そうだお腹の胃袋 痛むよう売り上げ落ちるぜ 心が沈む おま…

夜勤タクシードライバーの心情 2016.5.4

夜勤タクシードライバーの心情 ∠( ゚д゚)/ かまわねぇ前のやつひいちまえ!→(・.・;) …いえ、かまって下さい (^_^;) 起きて下さい。お支払いを!→(*´﹃`*) 大丈夫〜、大丈夫ぅ!→(^_^;) どこがかな?なにがかな? ∠( ゚д゚)/ よし飛んでけ〜→(ーー゛) 飛べま…

昼はまだしも 2016.5.4

里帰り、観光と長い行列を作ってでも人が地方に散ってしまうGW 昼はまだしも東京の夜の街には空車のタクシーばかり… 夜勤タクシードライバーのGray Weekが明けるのはまだすこし先のお話…

トレイの上に出されたのは20円… 2016.5.7

■■■ タクシードライバー TAKU氏の事件簿 ■■■ 千川通りで 練馬駅から遠ざかっている最中だった よろけていたその男がふいに振り向いた上げた腕がフニャりとしていた… ドアを開け どうぞと声をかける男はクルっと後ろを向き、「○かやろ〜!」と叫び 乗り込もう…

39の夜 2016.5.18

落書きの建物と 外ばかり見てる俺超高層ビルのわきの路地 手を上げそうなお客さんを見てるやりばのない気持ちの扉破りたい公園の裏 一服をしていて見つかれば逃げ場もないハンドルつかんで 背を向けながら心の一つも分かり合えない 酔っ払いたちをにらむそし…

【卒業】 2016.5.26

【卒業】 信号待ち 駅の近く 真っ暗な空幻とリアルな気持ち感じていた手が上がり お客さんの側に 停まり何に従い 従うべきか 考えていたざわめく心 今 後ろにいる人酔いつぶれそうで 戸惑っていた 終電後 駅ふらつき 俺達は闇の中孤独 瞳にうかべ 寂しく走っ…

【39歳の地図】 2016.5.28

【39歳の地図】 アラフォーのしゃがれたブルースを聞きながら疲れがちな俺は センチなため息をついているたいして売上 上がるわけじゃないだろう短距離のお客を 気を張りながら 探し回ってる バカ騒ぎしてる 酔っぱらい達の意味不明な会話と 焦点ずれる瞳に…

あの男性にいつ朝が来るのだろう? 2013.5.28

夜勤明け~(´・ωゞ) 今回のアレは何だったんだろう… 23時30分頃、場所は高円寺駅近く女性が手を挙げたのでタクシーを停めた ここから吉祥寺駅まで、電車とどちらが速いですか?と聞かれ 電車が速いと思いますよと答えた(電車で8分、クルマだとナビ調べで約15分…

上目黒からの三人 2016.5.31

■■■ タクシードライバー TAKU氏の事件簿 ■■■上目黒からの三人編 あれだけ黒かった空がだんだんと白く明るくなり始めだした午前4時半頃 車を停めた三つ目が真っ赤の目玉で睨んでいるからだ こういう時はただ待つに限る長くなった付き合いでよく知っているほっ…

人生交差するタクシー後部座席 2016.6.11

■■■ タクシードライバー TAKU氏の事件簿 ■■■ 〜 とある二人のお客さん 〜 「環七を右に曲がって …あ〜頭いて〜」そう言ったかと思うと横倒れ 「☓○△…」解読不能のつぶやき一つ 環七を右折 声かける 「信号を真っ直ぐでよろしいですか?」 「☓■★▽!」 「…あの?…

タクシーの神もいるのだろうか 2015.11.3

タクシードライバー TAKU氏の事件簿 【三軒茶屋編】 暗闇に浮かぶはさんさんと輝くハーフムーン その真下眠る事を知らない大都会 どこからともないライトに照らされまるで星空のように輝くは窓に打ち付けられた幾千もの小雨跡 日本には八百万の神々がい…

タイプは どんな人な〜の〜? 2015.11.7

■■■ タクシードライバー TAKU氏のつぶやき ■■■ 時に「まっすぐ!」、「どちらまででしょうか?」「まっすぐだよ!!!」と怒られ 時に「まっすぐ!」、「かしこまりました!」と走らせるとお連れのお客様がポツリ「目的地も聞かずに走らせるんだ」お小言いた…

歩行者の急な飛び出しにも負けず 2014.11.7

歩行者の急な飛び出しにも負けず ウィンカーなしの急な割り込みにも負けず カップルのいちゃつきにも後ろから香って来るお持ち帰りの牛丼にも負けぬ 吾輩はタクシードライバーである(・∀・)

「ココマデ オネガ シマス…」 2015.11.8

■■■ タクシードライバー TAKU氏の ミニミニ事件簿 ■■■ 場所はある六本木の一角 止まろうとした交差点の左側二人の外国人女性が「ハーィ!」大きく手を降る 「ココマデ オネガ シマス…」 手渡される一枚のカードに日本語での住所 ナビが指し示す場所はフラン…

大都会の夜 2014.11.11

酔拳でジャッキー・チェンと互角に戦えるかもしれないフラフラ〜の夜勤明け(ー_ー) 達人の如く相手の次の手が読めるなら楽なのだが、予想してない手というのは突如やってくる 二子玉川までと言われ、駅を目指しているとなんの前触れもなく「次左で!」突然の…

信号待ち…ふと横見れば 2014.11.14

吾輩はタクシードライバーである。AKBはまだ乗せたことはない。 信号待ち…ふと横見れば、ハンドルをしっかりと握りながらもあたま上下に船をこぐ、つけ待ち中の高田馬場の運転手 歩行者用、信号青なり渡る人たち一人棒立ち、まさかの立ち居眠り転けそになり…

風吹けば枯れ葉舞い散る夜の明け 2014.11.16

風吹けば枯れ葉舞い散る夜の明け くしゃみした反動で道路に飛び出す川越街道のおじさん マフラーをヌンチャクのようにグルグル回し「そいや〜」「やられた〜」の三文芝居を繰り広げる渋谷のお姉さんたち 「○○ちゃん、ここは俺が出すからさ~、いいっていいっ…

4690円になります 2015.11.17

■■■ タクシードライバー TAKU氏の事件簿 ■■■ 「4690円になります…」またもや その声は車内にむなしく かき消えていく… あれは週一番のかきいれ時金曜の夜 茶沢通りを三軒茶屋に向かう途中に立っていた4人 全員乗るかと思いきや無理やりに押しこまれた男1人の…

タクシーという動く密室空間 2015.11.18

■■■ タクシードライバー TAKU氏の悩み ■■■ 気付かぬフリすべきか窓を開けざるべきかそれが問題だ… タクシーという動く密室空間 その密室空間が時に地獄と化す 空腹時後ろよりケンタッキーが香りたち空腹感に苦しめられる餓鬼地獄 アルコール匂さがプンプン車…

品のよさげな女性 2014.11.18

手を挙げた品のよさげな女性ドアを閉め、目的地のルートを確認した返事が「うぅん?あぁ~」Σ(゚Д゚)何か機嫌を損ねたかと思っていたら、聞こえてきたのは携帯での中国語の会話 それでかとホッと胸をなでおろした新宿歌舞伎町 上司と部下のような男性二人上司…

出店賑わう花園神社 2014.11.22

酉の市で人や出店賑わう花園神社 in 新宿 区役所通り周辺で乗り込んで来た派手目のカップルドアを足で蹴りながら乗り込む男性 ムムッ! (。-`ω-) カンジワルー 行先は新宿2丁目、ワンメーターの距離時間にしたらほんの数分間 そんな時間を惜しむかのように後部座…

新宿酉の市 朝方近く 2014.11.23

新宿酉の市 朝方近くに乗り込んできた男女4人組 にぎやかな4人組 そのうち1人の女性が飛び切りテンション高くマシンガントークを繰り広げる 「キャハハハ〜、お兄さん池袋まで〜」「東口でよろしいですか?」「どっちでも大丈夫!キャハハハハ〜」 後部座席…

今日も新宿は平和だ 2013.11.14

夜が明けようとしている今日も新宿は平和だあれはまるで映画のワンシーンのようだった女性客らしき人に頬を思い切り引っぱたかれ胸ぐらを掴まれ身体を浮かされるホスト 降り際に破れたビニールから出たカツオ節を座席に忘れそうになる歌舞伎町が初めてらしい…

酔っ払いにも負けず 2015.11.4

男女のいちゃつきにも負けず男男のいちゃつきにも負けずペットの鳴き声にも赤ちゃんの泣き声にも負けぬ 丈夫なメンタルをもち チップはなくとも決して怒らずいつもありがとうございましたと見送る 時々空腹対策にナッツとプレーンヨーグルトを飲み あらゆる…