読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

溶けかかったソフトクリーム 2016.4.14

■■■ タクシドライバー TAKU氏の 珍事件簿
  <溶けかかったソフトクリーム編> ■■■

「730円になります」
近くてすいません…と
去り際にその女性はそう口にした
 

その一言を聞きながら
謝られる事でもないのにな…とふと思う吾輩
 

さてと、
気を取り直し車を走らせる
 

夏目坂を下り左折したちょっと先で
手を上げるのを見つけた
 

作業服姿の男性二人
 

ドアを開けるがなかなか乗ろうとしない…
聞こえてる二人のやり取り
 

男性A「いや、社長。今日はこの辺で失礼させて下さい…」
 

社長「馬鹿野郎!、これからだろうが!」( `ー´)ノ
 

男性A「すいません。どうも昼に食べたやつが
よろしくなかったようで…
明日もあるのでこの辺で…」(;^ω^)
 

体調が悪いらしく
なんとか強引な誘いをかわし
去っていく男性
 

社長「すぐそこで一旦停めてくれ
他にもいるから」
言われた通り停車
 

間もなくしてアイス屋から
両手にソフトクリームを持った現れた男性二人
 

男性B「あれ?社長。○○さんはどうしたんですか?」
 

社長「あの野郎、吐いちまってよ。
調子悪いからって帰っちまったよ。
さっきもいつもみたいに
食わないから変だと思ってたんだが…」
 

男性B「そうでしたか。
あっ、これソフトです社長。
あとこれ○○さんのやつなんですがね…」
 

「おいっ!運転手お前が食え!」と
突如社長からの命令
 

「えっ?いや…運転があるんでいただけません…」
急な命令に驚く吾輩 (◎_◎;)
 

男性C 「4つあるんだから1つ
お前が食えよほらっ!」
無理やり手渡そうとするソフト
 

「すいません…仕事中なんで…」
(。-`ω-) 仕事の邪魔しないで…内心でつぶやく
 

男性B「まぁ持ったままじゃ運転は出来ないよな」
 

内心ホッとし、行き先を尋ねる
 

社長「だから、高田馬場だろうが!」
…いや今聞かされたんですが社長…? ( 一一) ナンナノ モウ…
 

アクセルを踏もうとした所で
目の前を無理やり横切ろうとする自転車
騒ぎ立てるお三方

社長「轢きゃいいんだあんな野郎!」
男性B「俺達が証人になるから気にせず轢いちまえ!」
男性C「ドラレコあるんだろ勝てる勝てる!ガハハハ!」
 

…何言ってるのかな?… (;一_一)
なにこの酔っぱらい集団、
早く降ろしたい…(¯―¯٥)
 

高田馬場到着
「730円になります」
 

社長「おう!いくらだ!」
今言ったばかりですよ社長…? ( ̄▽ ̄) ハナシ キイテヨ?
 

「730円になります」
社長「ちょっとこれ持て」
右手に手渡される食べかけのソフト
 

男性C「責任持って食えよな」
なぜかすぐさま左手に渡される溶けかけのソフト
(-_-;) ソレハ コチラノ セリフデハ? 

両手が塞がった状態など目もくれず、
社長が1000円をトレーに乗せる
 

お釣りを渡そうにも両手が塞がっているので
ソフトを返そうとするが
何やらブツブツ言っていて受け取ろうとしない社長
(。-`ω-) ハヤク ウケトッテ! 

仕方なく後部座席の男性Bに
ソフトを受け取ってもらい
お釣りを渡す
 

社長は降りた瞬間に思い出したらしく
「俺のソフトは?」と言い出し
「ここですよ社長!」スッと手渡す男性B
 
ようやく嵐のような時間が過ぎ去る
┐(´д`)┌ フ〜ヤレヤレ …
 

車内に残されたソフトクリーム
 

溶けかかってるのを見て
長引かせて車内にこぼされるよりはと
判断したものの正直受け取りたくなかったこのソフト
 

かと言え、罪はないこのソフトクリーム…
捨てるのも心痛むので食べたけど…
反応性低血糖症でなければな…
 

この後、
強制休憩時間を取らざるしかなく
 

こんなうれしくないソフトクリームを
初めて味わう39才の春の夜

画像に含まれている可能性があるもの:アイスクリーム