読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

かくも無力なタクシードライバー 2014.11.12

シトシト降る雨の中での夜勤明け

タクシードライバーとは
かくも無力なモノなりし

川崎までと乗り込んできた女性

ナビに最寄駅を入力すると出て来た
距離数16キロメートル

女性いわく「多分寝ちゃうと思うので駅近くになったら起こして下さい」

かしこまりましたと言葉を返す

しばらくするとかすかな寝息らしきものが耳につき、より車の揺れが少なくなるよう気を付け目的地へ向かう

またしばらくすると寝言らしき事を
何やら悲しそうに苦しそうにもらし始める

そのうち声ならず寝ぼけながらか
何度も何度もピシピシと自分の体を
叩いているような音もたて始める

見ザル 言ワザル 聞カザル になって
ハンドルをきる

むやみにお客さんの時間に踏み込まない

体調があきらかに悪そうなものなら話は別だが、事情が分からないものが簡単に口を挟むのははばかれる

苦しそうな寝言と思っているのはこちらの勝手な思い込みで、本人にとっては案外お楽しみ中なのかもしれない…(;一_一)

何か力が必要ならば声をかけてくるだろう
出来る事は女性が苦しんでいるのならば
気持ちが少しでも楽になるようにと祈るぐらい

内心ヤキモキしながら、一見苦しげな寝言と
ピシピシ音と共に闇夜を走り抜ける

少しでも早く送り届けようとするが、
それを阻むが工事中の看板と警備員

それも大きめ、足止めくらい
背後から感じる目を覚ました女性のイライラ感

ようやく到着、
去っていく少しお疲れ気味の女性

真後ろで1人の女性が苦しんでいても
顔を向けることすらままならない
かくも無力なタクシードライバー