読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

あの…なぜ私はあなたに 2014.3.10

頼りはあなただけなのに…

動いてよ
 不真面目警官
  酔っ払い
 途方にくれる
  中野新橋

何かが起こりやすい早朝、新宿歌舞伎町

そうあの日の朝、あの男性が乗り込んできた…
反対車線から走行中の車を無理やり何台も止めて横断しながら
目の前に現れ、その男性は手をあげた…

あげる手がなにやら揺れているサラリーマンらしき男性…
嫌な予感がふとよぎる(ーー;)

「どちらまで行かれますか?」とたずねると
「せ…」という言葉とドタっと横になりドリームランドへ旅立つ男性

「お客さん?お客さ~ん?!!」何度も呼びかけ返ってくるのはイビキのみ

仕方なく…近くの交番へレッツゴー

トラブルを避けるため直接お客さんに触る事が出来ず
立会を求めて警察官にお客さんの身体を揺すってもらいながら一緒に声かけ続け

協力的な警察官と共に10分程かけてようやく半分ほど目が開く

ここぞとばかりに問いかける「どちらまで行かれますか?」

「は…羽田までぇ…」 直感が囁く、何このあまりにもあやしい返答…(;一_一)

「本当に羽田まで行かれるのですか?」

「中野までぇ…」 聞くたびに変わる返答…ヽ(;▽;)ノ

「中野までで本当によろしいのですか?」

「そぅ中野新橋まで…」 その後も中野新橋と繰り返すので、
親切な警察官にお礼を伝え不安を胸かかえながらも出発

中野新橋到着 不安的中 お客様安眠中 近くの警察署レッツゴー(T ^ T) 

不運はさらに続く…

基本協力的なのだが、時に出会うそりゃないでしょ?って警察官:(;゙゚'ω゚'):

起こす協力を求めるとあからさまな嫌がる態度…

冷たい空気を車内に入れろって言われましたが… 
 あの…もうすでにやってます…。゚(゚´Д`゚)゚。

いやいやな態度が見え隠れしながら
お客さんの多少意識を戻した所で、タクシーからスっと離れていく警察官
 あの…えっと…そこでいなくなっちゃうのですか…。゚(゚´Д`゚)゚。
 
お客さんとの会話がうまく成立せず再度警察官に立会を求めるが
「起こせって言うからもう起こしたでしょ」と口調強めで
近づいてきてくれない警察官
 
 あの…なぜ私はあなたに怒られているのでしょうか…。゚(゚´Д`゚)゚。

その後酔っ払いそして警察官とのすったもんだのやり取りをし、
ようやくなんとかお客さんを目的地までお連れする

降車時のお客さんより、あの寝ぼけ眼のままで
「ご迷惑をおかけしました。ありがとうございました」との丁寧なお言葉が…

最後のその一言に、責めるに責めれなくなった怒りが宙ぶらりんになり
途方にくれる中野新橋の朝…