読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

まいちゃん 2015.9.29

タクシードライバー TAKU氏の ほのぼの事件簿
【池袋 → 千駄ヶ谷 編】 
※物語は事実を元にしたフィクションで登場人物は仮名です
 

ある夕暮れ時。
交差点を右折した先に見つけた人影2つ。
 

その1つの小さな人影は、片手にお人形、
片手は「ハイ、ハイ!」と上へ元気よくあげ
ピョンピョンと飛び跳ねる。
 

そこは誰彼と家路を急ぐ人たちであふれる池袋。
 

「気を付けて乗るのよ!」優しいお母さんの声に
「は~い!」先に乗り込んで来た女の子。
 
「近くてすいませんが、千駄ヶ谷までお願いします!」
かしこまりましたと車を走らせる。
 

後ろから今日の事を楽しげに話しかける女の子。
 

お母さんは女の子に話しかける。
「途中でまいちゃんの大好きなパン買って帰ろうか?」

「うん、パン食べたい。お母さんパン今出して?!」

「ごめんね?今食べるものないから、途中で買って帰ろうね?!」

「え~まいちゃん、いまパン食べたいの!!
いま食べたいのぉ!!!」

「お店がもう少しだからそこでパン買おうね?!」

「まいちゃん、おなかすいちゃったの!
食べさせてくれないなら泣いちゃうよ?」
うぁ~~~ぁん(ノД`)・゜・。
 

泣いちゃう宣言した途端、
大声で泣き出し始めた女の子。(´゚д゚`) メチャ ハヤッ!


突然の事に「あらあら、まいちゃん…」 \(゜ロ\)(/ロ゜)/ アタフタ!
吾輩も思わずつられて \(゜ロ\)(/ロ゜)/ アタフタ アタフタ
 

「あらららら、お腹すいちゃっちゃたんだね~?」思わず声を掛けると
 

予期せぬ運転手からの声にびっくりしたのもあるのか、
「うん…」と素直な返事にピタッと泣き止む女の子。(*´ω`*) ナンカ カワイイ♪
 

その様子にホッとした感じのお母さん。
「もう少し先に行くとパン屋さんがあるので少し止めて待ってて
もらえますか?あと、買い物中、娘を見てもらっててもいいですか?」

かしこまりましたと車をパン屋の前で止める。
 

数分後、
優しい笑顔と一緒に渡されるチョコパン。
 

「わ~い、チョコパン~♪」と
ハムハム、ハムハムと食べ始める女の子。
 

なんてことない母娘のやりとりに
酔っ払いとの日々の闘いでやさぐれた心が癒され
また車を走らせる吾輩であった。

画像に含まれている可能性があるもの:1人