読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

ドキッとする言葉 2015.9.15

吾輩はタクシードライバーである。
秋ナス食べさせてあげな~ぃと意地悪できる嫁はまだいない。

乗車時にお客さんに言われてドキッとする言葉がある。
「急ぎで!」
この言葉がつくとドタバタ率が一気に跳ねあがる。

さてこの言葉、数日に一度あるぐらいなのだが、
昨夜はなぜか一運行中になぜなのか、三度聞くことに…。 

●それは二度目の「急ぎで!」だった。
乗車が新宿からの女性。
「池袋東口へ。急いでもらえますか?」

「かしこまりました」、
時折車線変更しながら少しでも早く早くと池袋東口へむかう。

駅の東口の真ん前の信号が見えきたので、
停車するため減速しながらお客さんに声を掛ける。

東口に着きました。このあたりでよろしいですか?」

思いがけない怒気が少し含まれた声が返ってくる。

「誰が駅前だって言いましたっけ?」( ゚Д゚)

「えっ…たしか、お客様は池袋東口だと
おっしゃっていたと思うのですが…」
(´゚д゚`) …ココハ マサニ イケブクロ ヒガシグチノ メノマエ…

東口って言ったら池袋の
東側全部が東口になるでしょう!」(゚Д゚)ノ

( 一一) …ソウ イワレレバ、ソウデハ アルノデスガ…オキャクサマ…

多少のすったもんだの結果、
始めのたった一言の「池袋東口」では
名探偵ホームズさえも推理に困りそうな場所までお送りする。

お客様、正直説明をはしょりすぎです…(。-`ω-)

●三度目の急ぎのお客様はきれいなドレスを着た女性だった。

青葉台から、ザ・ペニンシュラ東京へ。
「急ぎで!」の言葉付き。

時間帯は終電間際のタクシーラッシュ時。

「どのくらいで着きますか?」

混む時間帯、特に聞きたくない言葉。

「今頃は混みやすい時間なので、なんとも言えませんが
出来るだけ急いで20分ぐらいでつけるように頑張ってみます」

「わかりました。少しでも早くつけるならどんなルートでも
大丈夫です。お願いします」 
アクセルを強く踏みしめる車を走らせる。

時間帯的に一番混む可能性が場所を避ける。
距離は少しかかるが時間を重視するなら急がば回れだ。

その間、どうしようもなく何度と立ちふさがる赤信号。

信号待ち、後ろから伝わってくるイライラオーラ。
(; ・`д・´) 「やけに信号につかまりますよね?」

と言われども、赤信号だけはどうしようもない。

とにかく青になるたびに強くアクセルをふかし、
時間短縮に意識をむける。

そんな中、途中コンビニによって下さいとの指示があり、
車を止める。

急いで買い物を済ませるかと思いきや、
のんびりと歩いているお客様。

再度車を走らせる、またもや何度となくつかまる赤信号。

そのたびにあのイライラオーラと、コンビニで買ってきたのであろうガムを噛む音、クチャクチャが聞こえてくる。
(´Д⊂ヽ コワイヨ、コワイヨ~

外側のタクシー達と、内側のお客様と
精神的な戦いを繰り広げながら
ようやくホテルに着き、さっそうとホテルに入っていくお客様。

お客様、赤信号はどうしようもなく、
イライラをガムと一緒にクチャクチャむけてくるのを
止めていただけると助かります m(__)m

自動代替テキストはありません。