読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

突如始まる筋書きなきドラマ 2015.3.31

吾輩はタクシードライバーである。
まだ竹内結子も春子さんも乗せた事はない。
そんな事を妄想するのはまだ あまちゃん なのだろうか…( ̄ー ̄)

桜も咲き乱れ温かさを感じる今日この頃。

静まり返った真夜中、大人の雰囲気を醸し出しだす
男女が顔を近づける五反田、第二京浜沿い。

火事現場、消防車数台で懸命に消火活動している所から
約100メートル離れた少し人気が減った野沢通りで
身体を寄せ合い恋の炎を燃え上がらせてる若き男女の下北沢。

交差点でえいえんと相撲を取り続けている男二人の新宿歌舞伎町。

いたるところで筋書きなきドラマが展開されている。

あれは朝方。新宿十二社(じゅうにそう)通りを北上中。

バス停に立っていたおっちゃんが手を上げた。

乗り込んできてすぐに、おっちゃんの一言。「西新宿!」

その後の続く言葉を待つが、車内に流れるは無言の時間。

思考をめぐらす。ここからだと西新宿5丁目の駅か?
それかそのまま西新宿駅なのか?
それともどこか番地を言い忘れているのか?

差し掛かる交差点、確認のため声をかける。

「西新宿のどちらに向かいますか?」

「う~ん、そうだねぇ。西口の地下でいいやぁ」

( ゚Д゚) 西口の地下…? それって新宿駅西口地下…?
わっ、それっ右方向 じゃ~!(だ~! 岡山弁)

予想してなかった返答に、
俊敏に出来るだけ急ハンドルにならないように、方向転換をはかる。

こちらの緊急事態に対し、のほほ~ん中のおっちゃん ( 一一)

心臓がで~れぇ~(すごく 岡山弁)ドキドキ中の吾輩(゚Д゚;)

省略にもなってない行先の告げ方… (-_-;) 
あのコナンでもこの言い方だとわからんじゃろ~ (だろう 岡山弁)と
心の中でおっちゃんに突っ込まずにはいられなかった新宿の朝。

突如始まる筋書きなきドラマ。
それでもせめて行き先はちゃんと伝えてくださいよ~おっちゃ~ん!
(・´з`・)

自動代替テキストはありません。