読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

怖い思いをする事がある 2015.3.29

吾輩はタクシードライバーである 幽霊はまだ乗せたは事ない

あれは給料日前の深夜の下北沢

給料日をすぎた週末には酔拳の達人でにぎわっているのだが…
まるで世紀末を迎えたかのような人気なしの茶沢通り

通りをゆっくりと…ジワジワと…車を走らせる

不意に視界に入るフラフラする影… 人だ!(*'▽') ヤッタ!

タイミングを合わせ近づき、お客さんを乗せる

数十分かかってようやく見つかったお客様に行先をたずねる
「上北沢まで、甲州街道沿いね!」

かしこまりましたと答え、
交互通行がしずらいせまい茶沢通りを中野方面へ
Uターンなしでただまっすぐに車を走らせる

…走らせること、1,2分もたたないぐらいに
少し不機嫌そうな低い声をかけられる…

「変な話、運転手さん…どこ走ってる?遠回りしてないか?」(`^´)

??( ゚Д゚)?? …思考停止…何を言われたのかが一瞬理解出来ない
距離もそんなに走ってなく、
ただ道なりまっすぐ走っていたのに…なぜ( ゚Д゚)??

「あの…えっと…甲州街道を目指して茶沢通りを今まっすぐ走って
まして……」\(゜ロ\)(/ロ゜)/

お客様の質問の真意がわからず軽く
パニクリながら今の状況を説明しようとしている所で
お客様の携帯が鳴り説明は中断される

バクバクする心臓をなだめながら甲州街道へハンドルをきる

おもむろに携帯をしまうお客様…声をかけられる…
叱られる!と一瞬身構える、だが耳に飛び込んできたのは穏やかな声

またもや予想を裏切る展開に、気持ちブレブレの吾輩 (+o+)

それを知ってか知らずか話を続けるお客様

「悪かったね運転手さん、私はね目が悪くてね。それに酒を飲んで
酔っぱらってるのもあってどこを走ってるのかがわからなくてね…
以前、全然違う道で遠回りされた事があったんだ。今、走ってる
ような明かりがあって大きな道ならなんとなくわかるのだけど、
最初声をかけた所はどこ走ってるのかが全然だったんだ。
それにさ運転手さん、マスクしてるだろう?最近悪いやつが多いだろう?
顔を隠してるやつは何するかわからないだろう?
だから防衛策でわざと威嚇してさその反応をみて、
どんな運転手なのかを確認してるんだ!天才だろっ!俺って!!!」
ガハハハハハ!!!(゚∀゚)

(◎_◎;) ハ…ハハハハハ… そ、そうですね…お客様

吾輩はタクシードライバーである
幽霊を乗せ怖い思いをしたは事はまだない
だが時に生身の人間を乗せ怖い思いをする事がある…(-_-メ)

*写真は本文となんら関係はございません。

自動代替テキストはありません。