読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

んでぇ、あんたはさぁ芸能人で言うと、 どんなのがタイプなのよぉ? 2015.3.27

朝ラッシュがそろそろ始まりかけそうな新宿2丁目付近

その人は両脇を支えられた小柄の宇宙人のように現れた

タクシーに乗り込み両脇を支えられていたA男は言う
A男 「ナビ入れてぇ、中野区南台○-△-□」

A男 「入れた?入れたぁ?あんたぁ分かる?
□-△は◎になるのよぉ!ねぇ、分ってんのあんたぁ~(゚Д゚)ノ」

B男、C男は口々に言う
「もぅ…ほっといてねぇ、構わなくていいからぁ~」

はいB男様、C男様、
吾輩の心の中はもうすでに構う余裕を無くしかかっております…( 一一)

靖国通り走行中の雑談にて
吾輩の年齢、結婚の有無、女性の好みの話へ

A男 「んでぇ、あんたはさぁ芸能人で言うと、
どんなのがタイプなのよぉ?」

吾輩 「芸能人での好みですか~?
竹内結子とかいいですね~(*´▽`*)」

突如車内で大声上げるA男
「何言ってんのよーあんたぁぁぁ!!!
現実を見なさいよぉ!現実をぉぉぉお!!!(゚Д゚)ノ」

(´゚д゚`)…吾輩は思う…
芸能人での好みの質問の回答に突如大声で上げるお客様の行動が
まさか現実的なのかと…(。-`ω-)

急に鼻が出てきて止まらなくなったらしいA男
誰かへとなく話かける
ティッシュないのぉ?ティッシュよぉ!鼻水が出てくるのよぉ!」

C男 「もうティッシュなんて、あんたぁ普段から持ってなさいよ」

A男 「あんたなんかに言ってないわよ(゚Д゚)ノ 店よ!店よぉ!
この店に置いてないのが信じられないわぁ~(゚Д゚)ノ(゚Д゚)ノ」

吾輩は思う…( 一一)
タクシー車内を店と叫び続けるのはあなた様が初めてです…
そしてなぜ乗車時から切れ気味なのでしょうか…(。´・ω・)?

ひとしきり騒ぎ、あっという間に眠りにつくA男

「やっと眠ったわねぇ…」ため息をつくB男、C男

穏やかな時間が過ぎていく車内

その沈黙が破られたのは、車体が下り坂に差し掛かった時だった…

体勢を崩したらしく目を覚ましたA男が叫ぶ!
「なにやってんのよぉ?!Gを考えなさいよぉ!Gをぉぉお!!!」

G…???
何かの略???

吾輩は考える…(-_-;) Gの事を…
Gu(ぐ)ちぐち訳わからない絡み方せず、
Gi(じ)っと黙っていて下さると
Goodなのですがお客様…

…などとは口が裂けても言う事など出来ない
吾輩は小心者のタクシードライバーである(´-ω-`)