読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKU氏の事件簿

タクシー車内で繰り広げられるドタバタ劇

タクシーの神もいるのだろうか 2015.11.3

タクシードライバー TAKU氏の事件簿 【三軒茶屋編】
 
 
暗闇に浮かぶは
さんさんと輝くハーフムーン
 

その真下
眠る事を知らない大都会
 

どこからともないライトに照らされ
まるで星空のように輝くは
窓に打ち付けられた
幾千もの小雨跡
 

日本には八百万の神々がいるという
ならばタクシーの神もいるのだろうか
 

いるならばきっと
イタズラ好きなのではなかろうか
 

信号待ち、後ろのタクシーへ乗り込むお客さん
(ーー;)

信号待ち、またもや後ろの車両に乗り込むお客さま
(ーー;)(ーー;)

手を上げた、目の前に停めると
間違えました…と謝るお客さまさま
(ーー;)(ーー;)(ーー;)
 

神様はイタズラ好きではなかろうか… ( ̄д ̄) イジワルスルノ?
 

はてさて場所は三軒茶屋の交差点

カラオケボックスからの二人の男性

その一人
3日遅れのハロウィンの
ゾンビのようなフラフラ歩き

信号待ちの吾輩の車両の真ん前へ
かと思えばあさっての方向へ
かとかと思えば乗り込んで来ようと近づいてくる
 

ドアを開けるべきか
開けざるべきかの大問題 (。-`ω-) ドウシタモンヤラ…
 

もう一人が近づいて来たので
つれがいるなら大丈夫だろうと開けたドア

すぐさま乗り込みユラユラしている男性

「上馬の交差点まで連れてってあげてください」
連れの男性はそう口を開いた…
 

(@_@。 ヘッ?乗らないの?
 

「こいつのカードです。これで支払いします」

横からゾンビが口を挟む
「俺のカードは高いんだぞぉ〜!」 ( 一一) ナンノハナシデスカ?
 

別れ際念を押す連れの男性
「おいっ!上馬の交差点で降りろよ。わかったか?」

漏れる声…
うぁ?うぅ… あぁ… ( 一一) ウメキダヨネ ソレ?
 

そんなやり取りを横目に
女性が後ろの空車に乗り込む
(;´Д`) オネエサン コノヒトト カワリマセンカ? ソウシマショウヨ!
 

仕方なくUターンし、向かうは上馬の交差点
 

深夜割増時間帯にかかわらず、
ワンメーター730円
 

着きましたよと声をかけるが
すでにゾンビは地蔵となり固まっていた (+o+) ダヨネ…
 

すぐさま110番
「…酔っ払ってるお客様を起こすのを手伝ってください…」
 

待ち時間…
後部座席はスヤスヤと
運転席は売上が〜、時間が〜とヒヤヒヤと
 

2名のおまわりさん
男性に声をかけながら身体を揺らす

ユラユラ ユラユラ 「んぁ〜?」 バタン!

「ダメだよ、そこで寝ちゃ〜!」とお巡りさん

もぞもぞと身体をお越しまた夢の中
 

ユラユラ ユラユラ 「もうちょっとぉ〜」 バタン!!!

「だから~、タクシーの中で寝ちゃダメッだって!」とお巡りさん
 

そんなやり取りをいつの間にか
動画撮影している通りすがりのサラリーマン ( ̄д ̄) オイオイ…
 

ようやく少し意識が戻り
カード払いのサインをお願いするものの

ペンが逆、欄外へサイン、サインが途中で止まる…と
すったもんだのお祭り騒ぎ \(゜ロ\)(/ロ゜)/
 

上がらない売り上げ、決して止まらない時間…
 

きっとタクシーの神様はいたずら好きだ…
 

空を見あがると、心を代弁するかのように
小雨がシトシトと降り注いでいた… (;一_一) アァ カミヨ…
 

※物語は事実を元にしたフィクションです。

f:id:nabeburasanpo:20161126135621j:plain